HOUSE WATCHING 41~お子様の健康を第一に考え、両親が選び抜いた「風家」 無垢材をふんだんに使った住まい~

岡山市Iさん邸

優しいオレンジカラーに窓枠のホワイトが一際映える外観。エクステリアもナチュラルなトーンでまとめられています。 床、天井、建具…と無垢材をふんだんに使って木質感にあふれた住まい。家族で過ごすことの多いリビングもやすらぎのスペースになっています。
 今回お邪魔したIさん邸は、岡山市浦安南町の閑静な場所に建っています。以前は近隣のコーポに暮らされていたIさんがマイホーム収得を決意したのは、2005年の5月頃。来春に控えたご長女の小学校入学を考えてのことでした。早速ハウスメーカーの展示場をまわり始め、数社を見学した頃に「ここにしよう」と絞込み段階に入ったそう。しかし、ご親戚や知り合いからのいろいろなアドバイスもあり「ちゃんと検討したほうがいいかも…」ともう一度考えてみることに。そんな折、コンベックス岡山にて岡山県内の工務店等が一同に会するイベントが開催され、足を運んだご夫婦。そこで出会ったのが、自然素材をふんだんに使って住む人に優しい住まいを提案しつづけている会社だったのです。「子供にアトピーがあるので、健康にしっかりと配慮がされた『風家』にすごく興味を惹かれましたね」とご主人。天然のエアーコンディショニング効果があり、「夏は除湿器」「冬は加湿器」の働きをしてくれる無垢材を中心とした自然素材をふんだんに使用した『風家』は、お子様の健康をいちばんに考えているIさん夫婦にとって、まさに理想の住まいだったのです。
  プランニングにあたって、Iさんから出された希望は“リビング階段”“充分な収納スペース”“和室を設ける”といったものでした。もちろん完成したお住まいでは、その全ての要望が叶えられていますが、さらに提案されたのが…ちょっとめずらしい“セミオープンキッチン”。「以前暮らしていたコーポのキッチンが玄関から丸見えで抵抗があったんです。マイホームのキッチンについて考えたときに‘対面式のオープンキッチンにしようか’とも思ったのですが、常に綺麗に保てる自信もなかったのでどうしようかな…と」。悩んでいらっしゃった奥様にこのセミオープンスタイルのキッチンを提案。奥様も「これなら閉鎖的な感じはないし、視線は遮られてばっちり」ということで採用されました。
  実際の住み心地についても「入居したばかりだった3月に朝が冷え込んだ日があったのですが、その寒さがコーポの時とはまったく違いましたね」とのこと。壁と床と天井にセルロースファイバーという古紙を原料とした自然素材の断熱材がふんだんに使用されているため、高い断熱性が実現されているのです。入居後わずか1ヶ月で、その断熱性の高さを体感されたIさんですが、これから訪れる夏や冬の激しい暑さや寒さから家族をどれほど守ってくれるのか…楽しみにされているご様子でした。
  Iさん一家がマイホームを考えるきっかけとなった、ご長女の小学校入学。取材でお邪魔した当日がちょうど入学式だったそうで、帰宅されたご長女が楽しそうに入学式の様子を記者に話してくれました。そんなご長女をあたたかく見守る笑顔のご両親。大切なお子様のために建てたマイホームに満足されている様子がうかがえました。
(左)Iさんの希望だった‘リビング階段’。「将来、子供達が大きくなったときにコミュニケーションの機会が増えるようにと考えました」と奥様。

(右)「オープンキッチンは開放感があってステキだけど、いつでも完璧に綺麗に保つ自信がなくて…」。悩んでいた奥様に提案されたセミオープンキッチン。「とても使いやすいです」と奥様も大満足。

(左)勾配天井がアクセントになっているお子様部屋。ニ方向から優しい太陽の光が注いでいます。

(右)同じく主寝室に設けられた納戸スペースは、「あまりたくさんの家具を室内に置きたくなかったので」という奥さまのご要望によるもの。


主寝室も木のやすらぎに溢れ、広く明るい快適空間に。ベランダも設けられた開放的な印象です。
 
間取り ■DATA
  • 建物面積/108.47m2
           1階床面積58.79m2
           2階床面積49.68m2
  • 家族構成/夫+妻+長女+次女

■HOUSE CALENDER

2005.5 【家づくりを決意】
来春に控えたご長女の小学校入学を考えてマイホーム建築を決意し、ハウスメーカーの展示場をいくつかまわられたIさん。その中の数社に絞り、最終決断をしようとしたところ、建築関係に詳しい親戚からアドバイスをもらい、もう一度考え直すことに。
   
2005.7 【工務店等のイベントに参加】
コンベックス岡山で開催された、工務店や材木店が会するイベントに参加したIさん一家。お子様のアトピーのこともあり、自然素材をふんだんに使った『風家』に強く興味を持ったそう。
   
2005.9 【契約】
スタッフから話を聞いた上で、その家づくりの姿勢に納得。イベントで興味をもった『風家』に決定しました。
   
2005.10 【地鎮祭】
地盤が比較的緩いエリアということで、「建ててすぐに家が歪む…なんてことがないように」としっかりとした地盤改良を施したそう。
   
2005.11 【着工・上棟】
建築中は1週間に2回の頻度で、現場見学に来られていたという奥様。「思い出のために写真を撮ったりするのも楽しかった」とのこと。
   
2006.3 【完成・引渡し】
予定通り、ご長女の小学校入学を前にしてマイホームが完成。入学式はこの新しい我が家から元気に登校されたというご長女。広くて健康への配慮がなされたこのマイホームで、これからのびのびと育っていくことでしょう。


【ウィンドウを閉じる】