HOUSE WATCHING 17~仲良し家族の奏でるハーモニーを優しく包み込む天然素材の家「風家」~

玉野市田井Fさん邸

オレンジ色の塗壁に、素焼き瓦、レンガを使ったアプローチと、かわいらしいプロバンステイストのF邸。 小高い場所に建っているので、見晴らしも抜群。玄関を開けると海も見えます。 開放的で明るいキッチンスペース。 カウンター下のデットスペースに、本棚を造りつけてもらい、細々としたものを収納。 ファックスを置いているチェストは、ご主人とお父様との手作りだそう!
 「子供たちにとって、居心地がよくて安心して住める家が理想でした。」というFさんご夫婦。 とくにご長男にはアトピーがあり「住むなら自然素材の家」と決めておられたそう。 そんな時、ご主人の幼馴染の大工さんが紹介してくれたのが「風家」でした。
 「ひとめ見て気に入ったし、良い素材を使っているのに安価で、見てからはあまり迷わなかった」とご主人。 カントリー調のインテリアがお好きな奥様も、この外観とナチュラルな内装には大満足。 住んでいたアパートから近い場所に土地も見つかり、念願の家づくりが始まります。
 家づくりで一番気を配ったのは、アトピーのあるお子さんのために安全な住まいにするということ。
 接する面積が大きい床と天井は、無垢パイン材を使用。 ドアや扉なども全て無塗装で仕上げられ、木の優しさとぬくもりがダイレクトに伝わってきます。 壁は手仕事の温かみが残る塗壁仕上げ。メンテナンス性に優れ、危険な化学物質を含まず、小さなお子さんのいるご家庭でも安心です。
 また、家族とのコミュニケーションを大切にした家づくりもF邸の大切なコンセプト。
 1階は仕切りを少なく、オープンなつくり。 子供さんたちが大きくなってからも、必ず家族と顔を合わせてから2階へ上がれるようにと、リビング階段を設けています。 キッチンも開放的な対面キッチンで、料理をしながら家族との会話を楽しめます。 その他、お手入れの簡単なIHクッキングヒーターや、収納力バツグンで使いやすいシステムキッチンなど、 忙しい奥様にはうれしい設備も充実しています。
 また、「水周りはまとめたい」という奥様の希望どおり、キッチンの裏にバスルーム、洗面室をまとめ、 家事が効率的にこなせる間取りに。
 家族のコミュニケーションの中心となるリビングには、ご主人が大切にされてきたピアノを設置。 かなりの重量があるため、床にはしっかりとした補強が施されています。

 断熱材ですっぽりと包み込んだ、高気密・高断熱のつくりは、防音性も高く、お子さんのピアノ練習も近所に気兼ねなく出来そう。
 もちろん、断熱材も古紙を再生した自然素材のセルロースファイバーが使用されており、細部にまで安全にこだわった家となっています。
ご主人が大切にしているピアノ。濃茶の色合いが部屋のインテリアともピッタリです。 かなりの重量があるため、床にはしっかりとした補強が入れられています。ピアノの上には、奥様手作りの人形達を飾っています。
子供部屋もナチュラルテイストで統一。 ムク材の床は柔らかく、冬ほんのり暖かく、夏はさらりとしていて子供部屋の床にピッタリです。

家族が朝晩、自然に顔を合わせるようにとリビング階段を希望されていたお二人。 階段の位置には悩まれたそうですが、リビングの一番奥に。子供さんの遊び場にもなっているよう。

「もう少しで物置にされるところでした(笑)」とご主人がおっしゃる書斎。 趣味のベースを飾っておけるスペースを設けてスッキリと。
間取り

■DATA
  • 建物面積/93.00m2(28.13坪)
           1階床面積47.00m2
           2階床面積46.00m2
  • 家族構成/夫+妻+子ども2人

■HOUSE CALENDER

2001 夏頃 【家づくりをぼんやり考えはじめる】
家作りをなんとなく考え始める。 この頃は、ご主人の実家のリフォームの案もあったが、 「建てるにしてもリフォームするにしても、天然素材の家がいいな」とは考えられていたそう。
   
2001 冬~2003 春頃 【情報収集】
息具体的な計画は無いまま、家づくりの情報収集をスタート。幼馴染の大工さんに相談すると「風家」を紹介され気に入る。「展示場も色々見たけれど、風家が一番良かった。内容もデザインも値段も手ごろで。他も見ていましたが、心の中では決めてましたね」とご主人。
   
2003 夏頃 【土地探し】
住んでいたアパート近くの団地の土地が、安くなっているのを知り、見に行く。 高台で見晴らしも良く、「ここにしようか」と話がまとまる。
   
2003.10 【土地購入】
   
2003.11 【着工】
土地も決まり、家づくりはかねてから心に決めていたこの会社で。 住んでいたアパートから近かったので、建築中も良く見学に訪れたのだとか。 自分の目で施工中から確かめられたことで、家に対する信頼と愛着が沸いたそうです。
   
2004.3 【完成】
新居が近かったため、引越しも楽々。外構も、プロバンス風の外観に合わせてかわいらしくまとめました。


【ウィンドウを閉じる】